【時計買取の基礎】ロレックスを売る時にとても重要な保証書について解説します | 時計買取.biz|おすすめの『最大10社一括査定』

【時計買取の基礎】ロレックスを売る時にとても重要な保証書について解説します | 時計買取.biz|おすすめの『最大10社一括査定』

顧客信頼度NO.1

【時計買取の基礎】ロレックスを売る時にとても重要な保証書について解説します

【時計買取の基礎】ロレックスを売る時にとても重要な保証書について解説します

2233 Views

ロレックスをはじめ高級腕時計を売る時に、時計本体の次に査定時に着目する【最も大きなポイントは国際保証書の有無】です。

ロレックスの保証書の形状

国際保証書は以下のような表記となっているもので、ペライチの紙だったり、クレジットカードくらいのカードタイプだったり、本(冊子)だったり時計ブランドによって様々です。

  • 保証書・・・日本語表記
  • Guarantee・・・英語表記
  • Warrantee・・・英語表記
  • Garantie・・・フランス語・ドイツ語表記

保証書なので、時計の自然故障、不具合を無償で修理、保証する事が目的のものですが、「いつ」「どこで」「誰が」その時計を購入したのか等色々な情報が載っている「時計の血統書」のような役割も果たします。家電等では保証期間を過ぎた保証書は捨ててしまうかもしれませんが、時計の場合は大切に保管しておいてください。

特にロレックスの買取においては保証書の有無で【何万円も買取価格に差が付いてしまいます】ので要注意です。

ロレックスの定番モデルでどのくらいの差額があるのか。

  • ・ロレックス サブマリーナ Ref.114060を例にします
  • ・2016年製造
  • ・状態は中程度

2021年11月の買取相場において比較すると

〇保証書【有り】の場合 買取目安価格 ¥1,200,000-
〇保証書【無し】の場合 買取目安価格 ¥1,150,000-

保証書の有無でなんと、5万円の差が出ます。

ロレックス以外も保証書の有無で買取価格は変わるのか?

リシャールミルは得意な買取ブランドです
保証書がなければ少なからず買取価格に影響がありますが、価格の高い時計になるにつれて差額が大きくなる傾向です。

ロレックス以外のブランドで代表的なものは、【オーデマピゲ、パテックフィリップ、ブレゲ、ヴァシュロンコンスタンタン、リシャールミル】等はギャランティの有無で買取価格が大きく変わります。時計の価格が高額になるほど購入者様は「より完璧な状態を求める」ため、時計本体だけで売ろうとしてもなかなか売れないので仕方ありません。

※極論ですが、リシャールミルのような1000万円オーバーの時計は国際保証書の有無で100万円以上買取価格が変わります。それどころか買取店によっては、買取自体を拒否することもあります・・・

純正BOX、ブレスレットから外した余りゴマなどは買取査定に影響あるのか?

ロレックスの箱は買取に影響があるのか 純正BOXに関して

1つの時計に対して再発行不可の保証書と比較するとそこまで重要性はありません。ロレックスの場合においても買取価格に大きな影響はありません。ただし、パテックフィリップやオーデマピゲ、ヴァシュロンコンスタンタンのような世界3大時計の純正BOXともなると立派なものなので、査定額に影響はありそうです。

ブレスレットから外した余りゴマに関して

ステンレス製の場合は影響はないと考えてよいでしょう。素材が18Kゴールド、プラチナ、コンビ(ハーフゴールド)ともなると、外したコマの有無で買取価格に影響は出ます。

※いずれもレアピース、ヴィンテージ、限定品などは別条件として考えてください。

国際保証書は再発行できないので要注意

国際保証書は紛失してしまったら、残念ながら2度と再発行は出来ません。なので基本的に国際保証書に限らず、時計の付属品は丁寧に保管する癖をつけましょう。

買取査定ではあまり効果はないかもしれませんが・・・

【オーバーホール修理保証書】 ロレックスの修理保証書

日本ロレックスなどにオーバーホールに出すと、修理明細書や修理保証書が発行されますが、これは「国際保証書」とは別物なのでご注意ください。無いよりはあった方がマシというレベルで買取価格に大きなプラスになる作用はありません。

【アーカイブ:Extract from the archives】 パテックフィリップのアーカイブ

パテックフィリップなどは保証書をなくしてしまった場合、パテックフィリップ社で製造~販売された情報を取得する事ができます。(※パテックフィリップの公式サイトでは、本物を証明するものとして発行しているわけではないとしていますが、買取店としては本物であるという参考材料の一つとして一定の評価をしてもらえます)

無論、保証書までの価値はなく、無いよりはあった方が印象がマシという程度なので、わざわざお金をかけて取得する価値は無いと思います。※パテックフィリップのアーカイブは150スイスフランの料金が掛かります。(日本円で18,500円ほど)

国際保証書や純正BOXがなくても、「最大10社一括査定」で丁寧に比較査定をすれば多少のリカバリーができる。

弊社では付属品のない時計も一つ一つ丁寧に「最大10社一括査定」を行っています。

付属品がないために減額ポイントとなってしまう穴を、比較査定で少しでも高い値を競わせることで幾分埋める事ができます。(一括査定をやらないよりやった方が確実に良いです!)

付属品無しの時計を少しでも高く売るなら絶対利用すべき【有料級のサービス】完全無料で行っております。ご検討をよろしくお願い致します。

・「最大10社一括査定」をもっと詳しく見る
・時計買取.bizの「最大10社一括査定」の申込みフォームへ

人気の記事

新着記事

ブログトップへ

ページのトップへ