グリーンサブマリーナ(Ref.16610LV)ファット4は、今が売り時です! | 時計買取.biz|おすすめの『最大10社一括査定』

古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

宅配買取 / Google評価を見る

上野店 / Google評価を見る

中野店 / Google評価を見る

グリーンサブマリーナ(Ref.16610LV)ファット4は、今が売り時です! | 時計買取.biz|おすすめの『最大10社一括査定』

グリーンサブマリーナ(Ref.16610LV)ファット4は、今が売り時です!

グリーンサブマリーナ(Ref.16610LV)ファット4は、今が売り時です!

3552 Views

グリーンサブマリーナは2003年に誕生

サブマリーナ生誕50周年を記念して、2003年にグリーンサブマリーナ(Ref.16610LV)が発売されました。

これまでステンレス仕様のサブマリーナは、ベゼルが黒一色に統一されていましたが、色付きのベゼルも併行して販売されるようになったのです。

当初は人気が無かった

当時は奇抜なカラー付きのデザインよりも、シーンを選ばない黒単色が好まれていました。なので、GMTマスターⅡはペプシ、コークよりも、黒ベゼルの売れ行きが良く、サブマリーナも同様、グリーンベゼルより黒ベゼルの方が人気が高かったです。むしろグリーンはあまり売れてなかったように思います。

グリーンサブマリーナ(Ref.16610LV)は、2010年で製造は終了

16610LVと116610LVの違い

製造期間は、2003年~2010年まで。以降は、116610LVと型式が変更され、見た目の大きな変更点としては(ベゼルは緑、文字盤は黒)⇒(ベゼル・文字盤ともに緑)となる。

グリーンサブマリーナの製造初期に存在するファット4とは?

グリーンサブマリーナ16610LVの中でも2003~2004年(Y品番・F品番)の初期に見受けられるディティールになる。

ファット4の違い

ファット4の中でも更に細分化されて、プレミア度が変わる

「SWISS MADE」表記が左写真の方が僅かにレタースペースが大きく、これを「BIG SWISS」という。

ビックスイスとは

左写真のベゼルカラーの方が淡い色をしており、この特徴的なカラーは「ライムグリーンベゼル」という。

ライムグリーンベゼルとは

ファット4とこれらの特徴の様々な組み合わせでマーク1からマーク4まで細分化されている。

  • 【マーク1】⇒ファット4+ライムグリーンベゼル+ビッグスイス
  • 【マーク3】⇒ファット4+ライムグリーンベゼル
  • 流通相場を比較すると、マーク1>マーク3となる。
  • ※マーク2とマーク4はファット4の形ではなく通常の形状。

ファット4がプレミアモデルとして認識され始めた時期は?

ファット4として認知は生産中止になる以前からあったのですが、目立った付加価値はありませんでした。

通常モデルと一線を画すようになるのは2015~2016年頃からになります。この頃から徐々に業者間オークションでも高値が付くようになってきました。

ファット4の買取相場の変動

オレンジ=ファット4

ブルー=通常

ファット4だけじゃない!グリーンサブマリーナ自体の価値も高騰している。

~2011年頃までは60万円もあれば購入できましたが、現在では200万円台~のモデルとなりました。

買取価格としても、買った金額以上の値が付くケースが多いです。

ファット4を購入する際は気を付けること

例えば、個人オークションや、海外サイトなど悪質な出品者に出会うリスクのある購入方法は、我々のような時計業界で働く人間でも恐いです。

ファット4のベゼルだけ取り換えた年式の合わないものや、時計自体は本物だがベゼルだけが偽物なんて事も考えられますし、悪質なものだと、元のシリアル番号を削り新しくでたらめなFやYから始まるシリアル番号に打ち換える超悪質な手口だって考えられます。

製造年代とマークいくつの仕様がマッチングしているか、保証書と時計本体のシリアル番号は一致しているか、ディティールを丁寧にチェックしなければいけない点が多いので注意が必要です。

グリーンサブの売り時としては最適

2020年新作のRef.126610LVの登場でサブマリーナの相場が再び上昇しました。新型サブの供給も安定してきている為、今後しばらくは激しい相場変動はないと予測しています。

もし売却を検討しているのであれば良きタイミングかと思います。

ロレックス、グリーンサブの買取り査定、時計買取bizに是非ご相談ください

人気の記事

新着記事

ブログトップへ

ページのトップへ