ロレックス投資。100万円オーバーまで値上がりに期待ができる一本かもしれません。 | 時計買取.bizの宅配買取り|高く売るならおすすめの比較査定

ロレックス投資。100万円オーバーまで値上がりに期待ができる一本かもしれません。

532 Views
最近のロレックスはどのモデルをとっても高いですね。今や購入される方々の立場を考えると、100万円以上出さなければモデルを選べる幅も少なくてなかなか手が出しにくい状況です。そして今尚、ロレックスの価格は日々高くなっております。いつの日か高騰し続けてきた買取相場が崩れてしまうのではないか・・・と冷や冷やしております。しかし、希少モデルはどんな状況でも強い!!今回注目しているのがミルガウス(Zブル-)です。

100万円以下で手に入る将来有望なモデル

ミルガウス(Zブル-)のオーナーは、まだ売却せずに持っておいた方が良さそうな気がします。*スタッフの個人的な見解ですが・・・ ミルガウス(Zブル-)を保有しているショップが少なく、時計買取.bizでも最近ではあまり見かけなくなりました。ロレックスの場合は特に、数が少なくなると需要と供給のバランスで一気に価格が跳ね上がります。これまでその瞬間を何度も目の当たりにしているので、ミルガウスの青文字盤もマーケットから姿を消したときにはドーンと高くなるのでは?と睨んでいます。あくまで私の勘ですが・・・

青文字盤は人気になりやすいカラー!?

同じロレックスの、ディープシーに関しても青文字盤・黒文字盤2タイプありますが青文字盤(ディーブルー)の人気は別格です。新しい型番であるRef.126660が誕生し、Ref.116660は廃盤になった為、2018年6月時点で1年前と比較して30万円以上も買取価格が上昇してしまいました。 また、別ブランドですが、オーデマピゲのロイヤルオークのシリーズでも白文字盤・黒文字盤・青文字盤の3タイプとなっておりますが、青文字盤が跳びぬけて高いです。 青文字盤には何か特別な魅力があるに違いません。

人気の無いミルガウス?

またまた、これも私の勝手な主観ですがミルガウスは人気がないと思います。ここで強調したいのは、「人気がない」=「格好悪い・ダサい」という事ではありません。ロレックスを購入する方の多くは「サブマリーナ」や「デイトナ」や「エクスプローラーⅠ」などの雑誌やネット広告の表紙を飾る王道モデルに憧れをもって決め打ちで購入される方が極端に多く、その他のモデルまで視野が広がらないというだけの話です。私個人としましては、みんなが所有していないものを所有したい、人と被りたくないという考えなので、逆に王道モデルは興味がありません。 話を戻しまして、ミルガウスは人気がない⇒生産量が少なくなる⇒廃番になる⇒マーケットからミルガウスが無くなったと注目を集める⇒値段がドカーンと上がる。という無いものねだりの構図が完成するのかなと思うのです。

持ってます!!Zブルー!!

基本的に時計買取.bizは買取専門のサイトなので商品紹介は行っておりませんが、運営元であるブランケットでミルガウス(Zブルー)の販売を行っております。この記事を見たことを伝えた上で、時計の買い替え下取をして頂ければ、下取価格を1万円アップさせて頂きます。 この記事を見て少しでもミルガウスに興味を持って頂ければ幸いです。 ご購読ありがとうございました。 ブランケット通販サイトはこちら