タグ・ホイヤーについて

63 Views

タグ・ホイヤーの主なできごと

1860年 エドワード・ホイヤーはスイスのサン=ティミエにエドワードホイヤーウォッチカンパニーを設立。
1876年 ロンドンに支社を設立。
1882年 クロノグラフで特許を取得する。
1916年 世界初100分の1秒まで計れるストップウォッチマイクログラフを開発。
1920年 アントワープオリンピックで公式計時を担当する。
1969年 世界初となる自動巻き機械式クロノグラフモナコを発表する。
1982年 4代目のジャック・W・ホイヤーが退任したことで創業者一族の経営に終止符を打ち、ピアジェの傘下へ。
1985年 ピアジェからTAGグループへ。社名をタグ・ホイヤーに変更する。
1987年 セルシリーズを発表。スポーツ&エレガンスの略称といわれる。
1999年 LVMHの傘下に入る。
2001年 ジャック・ホイヤーが名誉会長に就任する。
2004年 インディカー・シリーズの公式計時を初めて担当する。
2016年 イングランド・プレミアリーグの公式タイムキーパーを担当、同リーグのマンチェスター・ユナイテッドFCと公式タイムキーパー並びにグローバルパートナー契約を結ぶ。Jリーグとのトップパートナー契約も締結し、公式タイムキーパーとなった。

前に戻る