IWCの歴史 | 時計買取.bizの宅配買取り|高く売るならおすすめの比較査定

IWCの歴史

103 Views

IWCの主なできごと

1868年 スイスのシャウハウゼンでフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズとヨハン・ハインリッヒ・モーザーが協力してアメリカ市場向けに海中時計を販売するため操業。
1936年 軍専用パイロットウォッチを発売
1939年 懐中時計のムーブメントを使用した大型の「ポルトギーゼ」を発売
1948年 パイロットウォッチ「マークⅪ」
1955年 耐磁時計「インヂュニア」を発売
1967年 防水時計「アクアタイマー」を発売
1970年 ダ・ヴィンチと現在へと続く主力モデルを早い段階で完成させブランドの地位を築き上げる。
1989年 インヂュニアを史上最高の耐磁性能500,000A/mを誇るモデルにまで昇華し実力を見せつける。
1999年 GSTディープワン」「マークXV]を発売するとともに「インヂュニア」の生産を停止。
2000年 リシュモングループの傘下に入るがこの年エタ製の機械をベースとしペラトン式自動巻機構を採用したキャリバー5000を開発。少数ながら『インヂュニア オートマチック』や『ポルトギーゼ オートマチック』等に搭載し製造するようになった。
2005年 「インヂュニア」ラインを復活させ最近ではダイムラー・クライスラーの高級車ブランド、メルセデスAMGとコラボレーションした『インヂュニアオートマチックAMG』もリリースしている。