グランドセイコー買取買取

グランドセイコー買取の高価買取ならお任せください

グランドセイコー買取の買取の特徴
日本が誇るブランドであるセイコーのトップブランドです。その長い年月をかけて培ってきた人気からグランドセイコーの時計は新旧問わず、今尚高い買取金額で取引されております。時計買取.bizでは近代的なソーラー電波時計からアンティークの手巻き時計まで大量の相場データを蓄積しております。時計買取.bizの高額査定を是非ご期待くださいませ。

グランドセイコー買取買取モデル一覧

  • デイトナ

    MECHANICAL

  • デイトナ

    QUARTZ

  • デイトナ

    SPRING DRIVE

グランドセイコー買取の買取実績

  • グランドセイコー スプリングドライブ クロノグラフGMT SBGC201を大阪府のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      スプリングドライブ クロノグラフGMT
      SBGC201
    • 買取額450,000円
  • セイコー ブライツ SDGZ017を神奈川県のお客様より買取いたしました
    • セイコー
      ブライツ
      SDGZ017
    • 買取額61,000円
  • グランドセイコー マスターショップ専用モデル(限定品) SBGC219を埼玉県のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      マスターショップ専用モデル(限定品)
      SBGC219
    • 買取額800,000円
  • グランドセイコー ヘリテージコレクション SBGT235を北海道のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      ヘリテージコレクション
      SBGT235
    • 買取額95,000円
  • グランドセイコー 9Fクオーツ SBGV235を愛知県のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      9Fクオーツ
      SBGV235
    • 買取額115,000円
  • グランドセイコー クオーツ SBGT035を埼玉県のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      クオーツ
      SBGT035
    • 買取額75,000円
  • グランドセイコー メカニカルGMT SBGM021を東京都のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      メカニカルGMT
      SBGM021
    • 買取額129,000円
  • グランドセイコー セイコー創業130周年記念限定モデル SBGT039を東京都のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      セイコー創業130周年記念限定モデル
      SBGT039
    • 買取額165,000円
  • グランドセイコー ヒストリカルコレクション GSセルフデーター SBGV009を埼玉県のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      ヒストリカルコレクション GSセルフデーター
      SBGV009
    • 買取額205,000円
  • グランドセイコー SBGA011を千葉県のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      スプリングドライブ
      SBGA011
    • 買取額252,000円
  • グランドセイコー SBGX065を千葉県のお客様より買取いたしました
    • グランドセイコー
      SBGX065
      SBGX065
    • 買取額90,000円

グランドセイコー買取に関する記事

グランドセイコーの歴史

  • 1960年、初代グランドセイコー登場。
  • 1964年、日付機構を搭載した2代目グランドセイコー、GSセルフデーターを発表。
  • 1966年、4時位置にリューズを配置した初の自動巻きモデル、62GSを発表。
  • 1967年、亀戸の第二精工舎が初めてのグランドセイコー、44GSを製造。
  • 1968年、国産初の自動巻き10振動モデル、61GSを発表。セイコー独自のマジックレバー方式も採用した当時のセイコーの最高峰モデルだった。同年、婦人用の高精度モデル19GSも登場。
  • 1969年、10振動キャリバー61GSに特別調整を施し、機械式時計で月差表示をした歴史的なモデル61GS V.F.A.を発表。
  • 1970年、薄型モデル56GSを発表。この頃より以降、グランドセイコーは一時製造中止。
  • 1988年、95系クオーツを搭載した年差モデルとしてクオーツのGSを発表。
  • 1993年、現行まで続く「クオーツを超えるために生まれてきたクオーツ」9F系の製造を開始。
  • 1998年、20年以上の時を経て復活、新生したグランドセイコー専用機械式ムーブメント、9Sの製造を開始。この時から17日間に及ぶ新GS検定が実施される。
  • 2004年、ゼンマイ駆動でクオーツ並みの精度を実現する革新ムーブ、スプリングドライブ駆動の9R系の製造を開始。
  • 2005年、自動巻きスプリングドライブにGMT機能を追加した9R66の製造を開始。
  • 2006年、1つの香箱で最大巻き上げ時約72時間のロングパワーリザーブを実現した自動巻きキャリバー、9S67の製造を開始。
  • 2007年、自動巻きスプリングドライブにクロノグラフを追加した9R86の製造を開始。
  • 2008年、自動巻きスプリングドライブ9R65を搭載した、グランドセイコー初のダイバーズウォッチの製造を開始。
  • 2009年、グランドセイコーのために41年振りに新規開発された、自動巻き10振動を誇る9S85を搭載した、メカニカルハイビート36000の製造を開始。