タグホイヤーの買取について

タグホイヤー買取

1860年創業のタグホイヤーは、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトングループ)の傘下です。創業時よりクロノグラフを得意とした技術力で数々の特許を取得してきたことでも有名なブランドです。その中でも人気のあるリンクやカレラ、モナコなどが挙げられ、最上位機種であるグランドカレラも根強い人気を誇ります。比較的購入しやすい価格帯が多く、バリエーション豊かなブランドである反面、国内においては人気モデルと不人気モデルの買取価格差が生じます。人気モデルはある程度買取相場が確立されておりますが、不人気モデルは海外との太いパイプがあるショップでなくては高く買取できません。よって3~5万円程の買取価格に差が生じることはよくありますので、ショップは慎重に選びましょう。ぜひタグホイヤーの買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

タグ・ホイヤーの買取相場を確認する

時計買取.bizだけの3大サービス

幅広い時計の買取

タグホイヤーの歴史

1860年エドワード・ホイヤーはスイスのサン・ティミエにエドワードホイヤーウォッチカンパニーを設立。

1876年ロンドンに支社を設立。

1882年クロノグラフで特許を取得する。

1916年世界初100分の1秒まで計れるストップウォッチマイクログラフを開発。

1920年アントワープオリンピックで公式計時を担当する。

1969年世界初となる自動巻き機械式クロノグラフモナコを発表する。

1982年4代目のジャック・W・ホイヤーが退任したことで創業者一族の経営に終止符を打ち、ピアジェの傘下へ。

1985年ピアジェからTAGグループへ。社名をタグ・ホイヤーに変更する。

1987年セルシリーズを発表。スポーツ&エレガンスの略称といわれる。

1999年LVMHの傘下に入る。

2001年ジャック・ホイヤーが名誉会長に就任する。

2010年で150周年を迎えたタグホイヤーも、数々の特許技術を取得して常に進化を続けている。

その他ブランドも調べる

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。