GMTマスターの買取について

GMTマスターの買取といえば、先代GMT16710が廃盤となって以降急激に相場が上昇しました。為替などの外的要因以外の理由としてはカラーベゼルが廃盤となったことが挙げられます。現在では16700や16710、さらには1675や16753フジツボなどは一時期のほぼ倍の価格帯で取引されております。また16710の最終M品番は品数も少なく一般的な同型中古品の倍近い値段で取引されておりますが、こういった細かな仕様変更などに詳しいショップでなければ買取価格は期待できません。ぜひGMTマスターの買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

ロレックス買取一覧