シチズンの買取について

シチズン買取

 1918年に貴金属商として設立された日本のブランド「シチズン」、約100年という歳月にも関わらず今もなお多くの腕時計フリークから愛されているオススメの腕時計ブランドなのです。高い技術力と製品開発力を備えた現世代機向けの商品を生み出しております。時計買取.bizでは近代的なソーラー電波時計からアンティークの手巻き時計まで大量の相場データを蓄積しております。時計買取.bizの高額査定を是非ご期待くださいませ。

  • 買取品目
  • 買取目安表
  • シチズン カンパノラ BZ0030-08E

    シチズン カンパノラ BZ0030-08E

  • ~120,000円
  • シチズン カンパノラ BZ0030-16E

    シチズン カンパノラ BZ0030-16E

  • ~120,000円
  • シチズン カンパノラ BZ0030-08W

    シチズン カンパノラ BZ0030-08W

  • ~120,000円
  • シチズン カンパノラ BU0020-03B

    シチズン カンパノラ BU0020-03B

  • ~85,000円
  • シチズン カンパノラ BU0020-03A

    シチズン カンパノラ BU0020-03A

  • ~85,000円
  • シチズン カンパノラ BU0020-54A

    シチズン カンパノラ BU0020-54A

  • ~95,000円
  • シチズン カンパノラ BU0020-11A

  • ~85,000円
  • シチズン カンパノラ NZ0000-07W

    シチズン カンパノラ NZ0000-07W

  • ~300,000円
  • シチズン カンパノラ NZ0000-07F

    シチズン カンパノラ NZ0000-07F

  • ~320,000円

シチズンの歴史

1918年、貴金属商で貴族院議員の山崎亀吉によって尚工舎時計研究所として創業。
1930年、会社組織として「シチズン時計株式会社」が設立。
1973年、シチズン初のクオーツ式腕時計『クリストロン』発売。
1976年、世界初のアナログ式太陽電池ウオッチ『クリストロン ソーラーセル』発売。
1993年、世界初の多極受信型・アナログ多針式タイプ電波時計発売。
2001年、東京事業所に本社を移転。
2003年、世界初アンテナ内蔵型フルメタルケースの電波時計。
2007年、4月に「シチズングループ」の純粋持株会社体制へ移行のため、社名を「シチズンホールディングス株式会社」へ変更。
2011年、世界初、人工衛星から時刻情報を受信する光発電時計、「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」発売。
2016年、薄さ1.00mmのムーブメントを搭載、世界最薄エコ・ドライブウオッチ「エコ・ドライブ ワン」発売。
2016年、10月に、「シチズンホールディングス株式会社」が「シチズン時計株式会社」(非上場)及び「シチズンビジネスエキスパート株式会社」を吸収合併し、社名を「シチズン時計株式会社」に戻した。

その他の買取相場を確認する

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。