オメガの買取について

スウォッチグループの中核を担うオメガと言えば、アメリカ航空宇宙局の公式時計として人類が初めて月面着陸した際に使用されていたスピードマスターが有名ですが、他にもシーマスターやコンステレーション、デビルなどといったモデルがあります。その中でも人気シリーズであるスピードマスターが定番で、自動巻きも不動の地位を築いております。現行シーマスターのプラネットオーシャンやアクアテラも高い人気を誇り買取価格も高いのですが、国内定価と並行新品の価格差が開いているため、あくまでも並行品を基準に考えればリセールバリューは高いと言えます。 また、コンステレーションやデビルなどは上記モデルよりは劣ってしまいますが、もし使わないのであれば一度買取をご検討ください。ショップによっては、人気のモデルはある程度買取相場が確立されておりますが、それでも2~3万円程の買取価格に差が生じることはよくありますので、ショップは慎重に選びましょう。ぜひオメガの買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

オメガの買取相場を確認する

時計買取.bizだけの3大サービス

幅広い時計の買取

オメガの歴史

1848年スイスのラショー・ド・フォンで設立。創設者ルイ・ブランが懐中時計の組み立てを行ったのが始まりで当時若干23歳であった。

1880年工場をビエンヌに設立し時計メーカーとして始動する。約10年で10万個を生産する国内最大手の時計メーカーとなる。
このときはまだルイ・ブラン兄弟会社であった。

1894年究極の意味を込めギリシャ語の最終文字を取った「オメガ」や「マリーン」といったキャリバーが有名。

1903年社名をオメガとする。

1930年オメガを中心にティソなどとスイス銀行協会が参加したSSIHグループ(現在のスウォッチグループの前身)を発足する。

1932年ロサンゼルスオリンピックで公式時計となる。

1957年にはスピードマスターを発表する。

1965年スピードマスターがアメリカ航空宇宙局の公式腕時計に採用され、その耐久性を世に知らしめた。

1969年アポロ11号が人類初の月面着陸を果たしたとき、宇宙飛行士であるニール・アームストロングの腕にはスピードマスターが着用されていた。

1980年クオーツショックによりセイコーがオメガを買収する騒動が勃発する。

1999年独立時計師ジョージ・ダニエルズが開発したコーアクシャルを採用し時計業界に衝撃を与えた。
機械式時計の心臓部でもある調速機構への動力伝達を果たす脱進機機構における摩擦を抑え、約10年間
オーバーホールをせずとも精度を保つことができる。

オメガは様々な分野でも有名だが、160年以上も前から革新的な時計メーカーとして今日のブランド力を確立している。

他のブランドも調べる

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。