ジャガールクルト買取

ジャガールクルトの買取について

ジャガールクルトの時計は一般的にケースが反転するレベルソの印象が強くその他のモデルの知名度が低い方も多いと思います。しかし実際は数多くの特許を取得し時計業界を進化させてきた実力を持っておりそれまでの常識を覆す驚異的な薄さのケースやロレックスで有名なねじ込み式リューズとは異なった方式の防水方法を採るモデルを発表するなど非常に革新的なブランドです。固定のファンが多く日本だけでなく世界的に認められているブランドのため中古市場でも引く手数多、また他の高級時計ブランドと比べてもその優雅さから女性のファンが多いのも特徴です。ぜひジャガールクルトの買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

買取実績

買取強化モデル

ジャガールクルトの歴史

1833年 スイスのル・サンティエにアントワーヌ・ルクルトが時計工房を設立する。
1844年 創業からわずか11年で時計史に名を刻むことになるマイクロメーターを発明する。
1903年 厚さ1.38mmという世界一薄型の懐中時計ムーブメントを開発し世界的なムーブメント供給メーカーとなる。同年クロノメーターを製造していたエドモンド・ジャガーと創設者の孫にあたるジャック・ダヴィド・ルクルトが出会う。
1905年 エドモンド・ジャガーはカルティエとの独占契約を結びすべてのムーブメントをカルティエに供給する。
1931年 現代においてもブランドの代名詞となっているレベルソが誕生。
1937年 ジャガー・ルクルトというブランド名がこの年にうまれる。
1956年 世界初の自動巻きアラーム機能搭載時計メモボックスが誕生。
1992年 信頼性と精度を向上させる目的で1000時間、つまり6週間以上に及ぶ6つの検査がマスターコントロールラインの完成した腕時計に課された。その後、マスター ラインは、マスター・ウルトラスリム、マスター・グランド・トラディション、マスター・エクストリームと続いている。
2000年 リシュモングループの傘下になる。
2002年 ハイテクケースと高級時計製造ムーブメントを組み合わせたラインであるマスターコンプレッサーが発表される。
2011年 ジャガー・ルクルトは人権への取組みと、RJC加盟認定システムが構築した倫理、社会、環境基準を満たしていると認められたことが、責任ある宝飾のための協議会 (RJC) より発表された。

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。