ハミルトン買取

ハミルトンの買取について

現在ハミルトンは20代、30代の主に男性に人気のあるブランドとして国内で定着しております。また中古市場で流通するものの中では90年代のレディースモデルをオークションなどで見かけるケースも多く男女ともに人気・需要のあるブランドといえるでしょう。低価格帯のものでもモデルや状態などによって買取店ごとの価格に若干のばらつきがあるブランドです。ぜひハミルトン買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

買取実績

ハミルトンの歴史

1874年、アメリカのペンシルベニア州ランカスターにアダムス&ペリー時計製造会社が設立された。
1877年、アダムス&ペリー時計製造会社を母体にランカスターペンシルベニア時計が設立。
1879年、再編成されてランカスター時計となる。
1886年、キーストンスタンダード時計に買収される。
1890年、キーストンスタンダード時計が倒産する。
1892年、キーストンスタンダード時計の資産を元にハミルトン時計(Hamilton Watch Company )が設立される。同年オーロラ時計を買収し1893年に懐中時計の生産を始める。
1917年、女性ペンダント時計用の0サイズムーブメントを使用し、第一次世界大戦に向かう兵士の為にハミルトン最初の腕時計である「カーキ」の生産を開始。
1927年、アメリカ有数の時計会社イリノイ時計を買収。
1957年、世界初の電池で動く腕時計「ベンチュラ」を発表する。
1966年、マイクロ・ローター式自動巻の特許を持つスイスの時計会社ビューレンを買収、ハミルトン・ビューレンとなる。
1969年、創業以来のアメリカの工場を閉じた。
1969年、ホイヤー・レオニダス、ブライトリング、デュボア・デプラとの4社共同で腕時計用自動巻クロノグラフキャリバー「キャリバー11」を開発、発表。
1970年、世界最初のデジタル時計を発表する。
1984年、スウォッチ・グループの傘下に入って現在にいたる。

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。