フランクミュラーの買取について

フランクミュラー買取

フランクミュラーの買取において特に他のブランドと異なる点は国内正規店で購入された時計かどうかでしょうか。基本的に付属品は完品が望ましいのですがフランクミュラーに関しては、お手持ちの時計が国内正規店で購入されたもので、且つその購入時のスタンプやサインの入った保証書があるものが買取においては良いといえます。並行輸入のものに関しては日本国内のフランクミュラーでは修理を受け付けてもらえません。つまり国内正規品と並行輸入品でアフターサービスが大きく変わってしまうのです。この並行輸入品と国内正規品の扱いの差は程度は違えど色々なブランドで存在します。並行輸入店でフランクミュラーの時計を購入される際はこの点をお店の方から説明を受けられていると思われます。上記の理由から中古市場でももちろん国内正規品が好まれます。買取査定時にこの違いによって価格差が生じることがありますのでご注意ください。ショップによっては、人気のモデルはある程度買取相場が確立されておりますが、それでも5~10万円程の買取価格に差が生じることはよくありますので、ショップは慎重に選びましょう。ぜひフランクミュラーの買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

フランクミュラーの買取相場を確認する

時計買取.bizだけの3大サービス

幅広い時計の買取

フランクミュラーの歴史

1986年スイスのジェクス地方にあるジャントの伝統的な美しさに魅せられこの地に高級時計のブランド設立を決意し本拠地を構える。

1989年リバース・トゥールビヨン、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー発表。

1992年フランク・ミュラー・ウォッチブランド社創立。

1993年キャリバー93発表。翌年にはキャリバー94を発表。その後も連続で新しいムーブメントを開発、発表していく。

1996年マスターバンカー発表。

1997年エンデュランス24、コンキスタドール発表。

1998年当時世界最小のトゥールビヨンムーブメントの開発に成功。

2000年ヴェガス発表。

2002年トゥールビヨンレボリューション発表。翌年、翌々年にトゥールビヨンレボリューション2,3と連続で発表する。

2005年マスタースクエアを発表。

2014年の現在でもジャントにおいて新しい時計製作を続けている。

その他ブランドも調べる

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。