ショパール買取

ショパールの買取について

ショパールの時計といえば女性ならハッピーダイヤモンドやハッピースポーツ。男性ならば毎年カーレースにちなんだモデルとして発表されるミッレミリアがブランドを代表するモデルです。日本ではとりわけ女性の知名度が高いブランドで時計だけでなく宝飾品全般で耳にすることの多い高級ブランドになります。中古市場において安定的な人気で全体的にレディースのモデルが多く流通しております。素材もステンレスから金無垢のモデルまで幅広い価格帯に位置しており多少購入から月日がたっていても中古市場では定番の人気ブランドの一つです。ぜひショパール買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

買取実績

ショパールの歴史

1860年、時計師のルイ・ユリス・ショパールがスイスジュラ山脈のソンヴィリエに設けた工房からショパールの歴史が始まる。
1937年、創業者の孫にあたるポール・アンドレによって拠点をジュネーブに移す。
1963年、ショパール家が3代にわたって営んできた稼業の跡継ぎが途絶えドイツ宝飾産業の中心地フォルツハイムでジュエリーと時計製造を手掛けてきたショイフレ家に経営が譲り渡される。
1976年、ダイヤモンドが文字盤の周囲を移動する「ハッピーダイヤモンド」を発表し同ブランドを代表するモデルとなる。
1988年、この年よりイタリアを代表するクラシックカーレース「ミッレミリア」のスポンサーを務め同名のレースにちなんだモデルを毎年発表している。
1996年、完全自社製の第一号ムーブメントとして「L.U.C1.96」を発表する。
1997年、創業者に敬意を表して「L.U.C」と名付けられた自社ムーブメントを搭載する初の腕時計「L.U.C 1860」を発表する。その後本格マニュファクチュール(自社一貫生産メーカー)として着実に歩み始めた。

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。