ブライトリングの買取について

ブライトリング買取

パイロットウォッチとして有名なブライトリングは現在自社ムーブメントの開発に成功し搭載モデルは以前に比べて若干定価が上がってしまいましたが中古市場での変化はなく、買取相場も特に大きな変動はありません。またブライトリングはレディースの時計も存在しますが男性色が強く男女の知名度に大きな差があるブランドです。中古相場があまり変わっていないというのは言い換えれば安定的で大幅な下落もないということです。以前に中古で購入されてずっと使っていない時計、長年愛用されたけれど新しい時計の下取りに出されたい場合は、試しに査定だけでもいかがでしょうか?ショップによっては、人気のモデルはある程度買取相場が確立されておりますが、それでも3~5万円程の買取価格に差が生じることはよくありますのでショップは慎重に選びましょう。ぜひブライトリングの買取に精通した時計買取.bizにお任せください。

ブライトリングの買取相場を確認する

時計買取.bizだけの3大サービス

幅広い時計の買取

ブライトリングの歴史

1884年レオン・ブライトリングが時計工房「G. レオン・ブライトリング」を開く。

1892年ラ・ショー=ド=フォンのモンブリラン通りに移転し「レオン G.ブライトリング」に改名。

1914レオン・ブライトリング死去。ガストン・ブライトリングが後を継ぐ。

1927ガストン・ブライトリング死去、1932年まで社長不在となる。

1932ガストン・ブライトリングの息子ウィリー・ブライトリングが後を継ぐ。

1939イギリス空軍がブライトリングに大量のコクピットクロックを発注。

1942初代「クロノマット」発売。

1952航空用の回転計算尺を付けたクロノグラフ、初代「ナビタイマー」発売。工場をラ・ショー=ド=フォンに残したまま本部をジュネーブに移転。

1969ホイヤー・レオニダス(Heuer-Leonidas 、現タグ・ホイヤー)、ハミルトン・ビューレン(Hamilton-Buren 、現ハミルトン)、デュボア・デプラとの4社共同で腕時計用自動巻クロノグラフキャリバー「キャリバー11」を開発し発表。

1975クロノマットにクォーツモデル発売。

1976ナビタイマーにクォーツモデル発売。

1979ブランドをアーネスト・シュナイダーに引き継ぐ契約を交わす。同年ウィリー・ブライトリング死去。

1982アーネスト・シュナイダーはグレンヘンにブライトリング・モントレ(Breitling Montres S.A. )を設立。

1984イタリア空軍の要請に基づき、「クロノマット」の新モデルを発表。

1985年「エアロ・スペース」、「オールド・ナビタイマー(手巻)」発表。翌年、自動巻きモデルが発表される。

1994年アーネスト・シュナイダーの息子セオドア・シュナイダーがCEOに就任。

1996年初代クロノマットのデザインを踏襲した「モンブリラン」発表。

1999年全モデルに搭載されるムーブメントの100%クロノメーター化を宣言。

2000年新工場「クロノメトリー」をラ・ショー=ド=フォンに建設。

2009年ブライトリング初の完全自社開発・自社製造ムーブメント「キャリバー01」を発表。モデルチェンジしたクロノマットに搭載し発売。自社製キャリバーの開発・製造のために工場「クロノメトリー」の南側に新工場を増設した。

その他ブランドも調べる

株式会社ユニバーサルバリュー(時計買取.biz) | 古物商許可番号 東京都公安委員会 第301031206544号

Copyright(c) Universal Value Inc. このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。