ブレゲ買取

ブレゲの高価買取ならお任せください起源は1775年 フランス パリ シテ島
今年で誕生から245 年

ブレゲ買取の特徴
世界3大高級時計にブレゲとランゲ&ゾーネを加えて世界5大高級時計と言われたりもします。また、歴史も深く、世界三大時計メーカーに引け劣らない風格・威厳も申し分ありません。マリーン、トラディション、クラシック、トランスアトランティックには絶対的な人気がありますので高価買取にも期待が持てます。また女性用のクイーンオブネイプルズの買取にも非常に力を入れておりますので、ご相談ください。

ブレゲ買取相場

ブレゲ買取の実績

  • ブレゲ マリーンクロノグラフ 5827BR/12/5ZUを群馬県のお客様より買取いたしました
    • ブレゲ
      マリーンクロノグラフ
      5827BR/12/5ZU
    • 買取額1,430,000円
  • ブレゲ クィーン オブ ネイプルズ 8928BB/51/844 DD0Dを千葉県のお客様より買取いたしました
    • ブレゲ
      クィーン オブ ネイプルズ
      8928BB/51/844 DD0
    • 買取額1,300,000円
  • 12月27日、群馬県のお客様より、ブレゲ マリーン GMT 5857ST/12/5ZU を買取いたしました
    • ブレゲ
      マリーン
      5857ST/12/5ZU
    • 買取額
  • ブレゲ クィーン オブ ネイプルズ 8908BB/52/864 D00D 買取いたしました
    • ブレゲ
      クィーン オブ ネイプルズ
      8908BB/52/864 D00D
    • 買取額
  • ブレゲ タイプXX アエロナバル 3800ST/92/9W6 買取いたしました
    • ブレゲ
      アエロナバル
      3800ST/92/9W6
    • 買取額270,000円
  • ブレゲ クラシック 7147BR/12/9WU 買取いたしました
    • ブレゲ
      クラシック
      7147BR/12/9WU
    • 買取額900,000円
  • ブレゲ マリーン クロノグラフ 5827BR/12/5ZU 買取致しました
    • ブレゲ
      マリーン
      5827BR/12/5ZU
    • 買取額1,385,000円
  • ブレゲ クラシック 3210BA/12/264 買取致しました
    • ブレゲ
      クラシック
      3210BA/12/264
    • 買取額260,000円
  • ブレゲ トランスアトランティック 3820ST/H2/SW9 買取致しました
    • ブレゲ
      トランスアトランティック
      3820ST/H2/SW9
    • 買取額220,000円
  • ブレゲ マリーン2ラージデイト 5817BR/Z2/5V8 買取いたしました
    • ブレゲ
      マリーン2ラージデイト
      5817BR/Z2/5V8
    • 買取額1,200,000円
  • ブレゲ トランスアトランティック タイプXXI 3810BR/92/9ZU を買取致しました
    • ブレゲ
      トランスアトランティック
      3810BR/92/9ZU
    • 買取額110,000円
  • ブレゲ トランスアトランティック タイプXXI 3810BR/92/9ZU を買取致しました
    • ブレゲ
      トランスアトランティック
      3810BR/92/9ZU
    • 買取額1,130,000円
  • ブレゲ クラシック レクタンギュラー 3490BA/12/274 買取いたしました
    • ブレゲ
      クラシック
      3490BA/12/274
    • 買取額304,000円
  • ブレゲ アエロナバル 3800ST/92/9W6 買取いたしました
    • ブレゲ
      アエロナバル
      3800ST/92/9W6
    • 買取額280,000円
  • ブレゲ クラシック 5140BB/29/9W6 買取いたしました
    • ブレゲ
      クラシック
      5140BB/29/9W6116509
    • 買取額1,110,000円

ブレゲに関する記事

ブレゲの歴史

  • 1775年 アブラアム・ルイ・ブレゲは、シテ島の時計河岸に独立開業する。
  • 1776年 一人息子であるアントワーヌ・ルイ・ブレゲが誕生。この4年後に妻が死去。
  • 1798年 フランス工業製品博覧会で金メダルを受賞。
  • 1823年 アブラアム・ルイ・ブレゲがフランス工業製品博覧会の審査員になる。同年9月17日、76歳で死去。息子であるアントワーヌ=ルイ.ブレゲが社長就任。
  • 1833年 アントワーヌ・ルイ・ブレゲの引退。アブラアムの孫でありアントワーヌの息子でもあるルイ・クレマン・ブレゲの社長就任。
  • 1870年 ルイ・クレマン・ブレゲは、これより電気の応用の研究に全面的に身を捧げることに決めエドワード.ブラウンに時計部門の事業を売却する。以降、1970年までブラウン家の所有となる。
  • 1970年 時計ブランドであるブレゲは、宝石細工商ショーメ社に買収される。
  • 1976年 ブレゲの工房は、ル・ブラシュス(ヴァレ・ド・ジュウ)に設立され全面的にスイスで制作されることになる。
  • 1983年 イスラエルのエルサレムに設立されたL.A.メイヤー記念イスラム美術館から、「マリー・アントワネットの時計」と呼ばれる「ブレゲNo.160」が盗難にあう。
  • 1991年 ブレゲ時計グループの創立。
  • 1999年 ブレゲ時計グループは世界一の時計制作グループであるスウォッチグループに買収される。ブレゲ時計店がヴァンドーム広場にて開店。翌年同広場にブレゲ美術館開館。
  • 2007年 11月11日に行方不明となっていた「ブレゲNo.160」が発見され、翌年のバーゼルフェアでブレゲ社が唯一作ったレプリカ「No.1160」とともに展示され話題をよんだ。「No.1160」は完成以来スイスから出ることはなかったが、日本でのみ2009年5月に銀座のニコラス・G・ハイエックセンターで展示された。