デイトナ『116500LN』が下落基調。もう売ろう!|時計買取.biz

デイトナ『116500LN』が下落基調。もう売ろう!|時計買取.biz

デイトナ『116500LN』が下落基調。もう売ろう!

デイトナ『116500LN』が下落基調。もう売ろう!

3871 Views

新品の価格は上昇しているが、超危険な状態

116500LNの価格推移

※価格.comのデータを参照

白文字盤を例に挙げると、2021年11月頃までは、約450万円付近で販売されていましたが、そこから僅か3ヶ月ほどで700万円オーバーの高騰となりました。

この短期間で250万円以上の上昇をした急激な高騰に警戒感が強まっています。

売価上昇に反して、下がる買取相場

売価は上昇を続けているにも拘らず

2022年2月下旬時点で、大手時計買取店を筆頭にデイトナ(ステンレスモデル)を買い渋っている様子が伺えます。

それに反して、ダメージを被る前にうちに早く売り抜けようと

アンテナの高い方から買取相談が徐々に増えているのが現状です。

116500LN(白文字盤)買取価格の推移

116500LNの買取価格推移

値下がる原因を考察

  • ・投機を目的とした売買の連鎖によって吊り上がった相場である
  • ・ステンレス製のモデルは年間約100万本生産されていると言われている為、供給量が安定してきている
  • ・需要が薄まり、超高騰したデイトナという時限爆弾をどうやって処理するか問題が浮上

「価格.comで売価が上昇してるから今はまだ買いですよ」演出に注意

業者間のオークション相場を見ることのできない一般の方は、

価格.comの価格変動を判断基準の一つとして活用している方がとても多いです。

ただこれだけを見て上昇基調か下落基調が判断するのは危険です。

実情はともかくこのようなグラフで販売価格を吊り上げておけば、今尚買い時だと錯覚して手を出してしまう方もいるかもしれません。

デイトナだけじゃなくステンレススポーツモデルも同様

特にサブマリーナやミルガウスの値下がりも顕著です。

大幅下落を警戒した、売却ムードが強いです。

相場が上がる時もそうであった様に、下がる時も直滑降。

1ヶ月前の買取相場と比較すると何十万円も下がっています。

1ヶ月で100万円上昇する時計なのでその逆があっても不思議ではありません。

もし売却を検討されているのであれば、躊躇いは禁物で素早く売却することが得策と考えます。

人気の記事

新着記事

ブログトップへ

ページのトップへ