【2022年1月~2月末で完結】ロレックス投機【デイトナ編】|時計買取.biz

【2022年1月~2月末で完結】ロレックス投機【デイトナ編】|時計買取.biz

【2022年1月~2月末で完結】ロレックス投機【デイトナ編】

【2022年1月~2月末で完結】ロレックス投機【デイトナ編】

7988 Views

異常な高級時計ブーム

腕時計に詳しくない方でも、ロレックスの高騰が著しいという話題を耳にした方も多いと思います。

2022年1月に入って、ロレックス正規店に行くとメンズモデルが1本もない状況は当たり前の光景となりました。

同月、筆者も新宿高島屋のロレックスブティックにフラッと立ち寄った際に入店を拒否される事態に!

その理由を伺ったところ、入店は予約制となっており2週間先まで埋まっているとの事でした。

入店するだけで2週間待ち。

たとえ待ちに待って2週間後行ってもお目当てのモデルに出会える可能性は極めて薄いのでしょう。

過去に類を見ない異常事態です。

ロレックスマラソンは非効率

昨今では、メンズロレックス全てがプレミア状態と言っても過言ではありません。

ロレックスブティックに置いてあれば即完売。

欲しくても欲しくなくても転売すれば利益が出てしまうので、買わない理由がないという寸法です。

TVやYoutubeでも大きく発信されている情報なので、時計に興味のない方でも気軽にできる投機となってしまっているのが現状です。

ライバルがあまりにも多すぎて無駄足になる確率が圧倒的に高いので、ロレックスマラソンはかなり非効率です。

今からプレ値で買っても遅くないモデルはデイトナ

狙いは安定のデイトナ一択!

今も昔もデイトナは安定のプレミア時計なので一過性のものではないという観点から、デイトナが良いと思うのです。

ポイントはギャンブルはしてはいけない

ミルガウス、サブマリーナ、GMTマスターⅡ、オイスターパーペチュアル(ターコイズブルー)など、買い占めによって短期的に急騰したと思われるモデルは避けた方が賢明です。

また、生産量が比較的少ないコンビであれば急激に市場に出回ることがないため、相場は安定しやすいと考えています。

デイトナの中でも現行コンビがオススメ

「ステンレスモデル」、「18K×オイスターフレックス」、「18K無垢」、「プラチナ無垢」はすでに定価から大きくかけ離れた超プレミア状態(定価の2倍~3倍超)なので、今からだと出遅れ感が強いのですが、デイトナコンビであれば定価の約1.6倍程度で買えるので、他の仕様に比べればかなり手が出しやすいです。

※2022年1月の小売相場より

型番国内定価販売価格値上がり率
1165031,993,200円約3,200,000円約1.6倍
116503G2,214,300円約3,300,000円約1.5倍

【買取相場】しっかり値上がりもしているデイトナコンビ

発売開始から6年で約100万円から300万円台へと約3倍の価値になっています

しかし、これでも他のデイトナと比べるとかなり穏やかな値動きなので、今から資産としてのロレックスを買いたい方にはおすすめです。

オレンジ・・・116503 / ブルー・・・116503G

2022年3月現在。売却しよう

※2022年3月の買取相場より

型番買取相場
1165033,400,000円
116503G3,700,000円

僅か60日で利益を出すことに成功

Ref.116503:320万円→340万円(20万円の利益)

Ref.116503:330万円→370万円(40万円の利益)

投機を目的としたテーマなので購入から売却までの一連で完結となります。

人気の記事

新着記事

ブログトップへ

ページのトップへ