チューダーについて

120 Views

チューダーの主なできごと

1926年 ロレックス本社のあるイギリス本国での販売不振に対して創業者ハンス・ウィルスドルフはシェア拡大を目的として、高級感を持ちつつも価格を抑えたチュードルを設立。本家ロレックスのイメージダウンも危惧されたが、むしろクォリティのPRにもつながり相乗効果をもたらした。チュードルという名の由来は、イギリスでは知らないものがいないという言われる王家「チューダー家」に由来する。
1946年 モントレ チューダー S.A.の設立
1947年 ロゴの進化、盾のマークは徐々に消えていった。その後、社名とローズのみで構成されたロゴは、繊細な描写や浮き彫りにより、ブランドの気品とスタイルを引き立たせた
1952年 チューダー オイスター プリンスを発表
1954年 チューダー オイスター プリンス サブマリーナーが誕生
1967年 チューダー オイスター プリンス レンジャーを発表
1969年 ロゴの進化(その2)、チューダーはより堅牢で技術的な時計製造に取り組んでいった。その中でロゴからローズは姿を消し堅牢性と揺るぎない信頼性の象徴である盾が選ばれた。
1970年 チューダー オイスターデイトクロノグラフが誕生。ロレックスのクロノグラフといえばデイトナだが、チューダーはデイトナをオマージュして作り上げた
2012年 2012年に発売されたブラック・ベイの文字盤上でこのバラのマークは復刻されている。
2014年 現在、国内に正規代理店がないため製品の購入は並行輸入品に限られるが修理などのアフターサービスに関しては日本ロレックスで行ってもらえる。
2019年 日本初チューダー旗艦店が銀座並木通りにオープン
2020年 11店舗の正規ブティックを展開

前に戻る