ゼニスの歴史

ゼニス歴史

263 Views
ゼニス歴史ゼニスと言えばムーブメントの「エル・プリメロ」が有名です。この高性能クロノグラフムーブメントは一時期ロレックスのデイトナに搭載されていた事で、その名を広めました。なぜそのような高性能ムーブメントを作ることが出来たのでしょうか。歴史を振り返りながら解説していきます。

時計界初のマニュファクチュール

1865年、時計技師の【ジョルジュ・ファーブル=ジャコ】が22歳の時にスイスのル・ロックルに時計工場「マニファクチュール・ド・モントル」を設立した事でブランドがスタート。 「最高の精度を持つ時計を作る」との目標を掲げ、自社一貫製造体制(マニュファクチュール)を実現し高品質な時計を製造することに成功する。 時計界初のマニュファクチュールに成功した事であらゆる工程の生産性を向上させ、創業から10年後の1875年には従業員が1000名を超える程の大企業に成長させていきました。

社名「ゼニス」の由来

1900年、パリ万博に出展した懐中時計用ムーブメント「ゼニス」が金賞を受賞。この栄誉を称え、1911年に社名を「ゼニス(ZENITH)」に変更します。 ちなみに「ゼニス」という名は天空の最高点「天頂」を意味します。これは、ジョルジュ・ファーブル=ジャコが空に光り輝く幾多の星のような時計を作り続けていきたいとの願いを込めて名付けられたそうです。

時計界随一の傑作ムーブメント「エルプリメロ」の誕生

20世紀も半ばになると、コストパフォーマンスが重要視される時代に突入し、安価な他社ムーブメントを採用するメーカーが増加していきます。そのような中でも自社製造にこだわるゼニスは1969年、4年の歳月をかけて世界初の高振動クロノグラフムーブメント「エルプリメロ」を完成させます。 自動巻きのクロノグラフムーブメントは当時世界初でしたが、毎時36,000振動というハイビート、連続稼働時間50時間というパワーリザーブなど他社を圧倒するスペックを自社のみで完成させたことが時計界に衝撃を与えました。

ゼニスの主なできごと

1865年ジョルジュ・ファーブル・ジャコがル・ロクルにマニファクチュール・ド・モントル社を創業する。
1911年ジョルジュが引退し社名がファブリック・デ・モントル・ゼニス社に変更される。
1969年名機エル・プリメロを開発。
1972年クオーツショックにより経営危機に瀕しブローバに買収される。
1978年ふたたびスイス資本に戻り80年代以降機械式時計を復活。
1994年乱用自動巻きムーブメント、エリートを開発。
1999年LVMHグループに加入後タグホイヤーなど同グループの時計に優れたムーブメントを提供している。
現在でも約10万個の時計を年間に生産しており高精度のクロノメーター製造ブランドとして知られている。

人気の記事

ビズチャンネルトップへ