超高級時計メーカー10選。年収1000万円~狙える時計。

884 Views
有名な高級時計メーカーである「ロレックス・パテックフィリップ・オーデマピゲ・ヴァシュロンコンスタンタン・ブレゲ・Aランゲ&ゾーネ」など聞き馴染みのある時計メーカーではない、セレブ御用達の腕時計とはどんなものか調べてみました。人の2歩先を行きたい方にはオススメな時計ブランドです。

1、H.モーザー

エンデバー センターセコンド コンセプト ブルーラグーン Hモーザー H.モーザーは創業1828年と歴史のあるマニュファクチュールで、日本国内で発売され始めたのは2007年からのことなので、日本人への認知度はまだまだ低い。究極のシンプルさと美しさを兼ね備えており、こんなに長い時間眺めていられる時計はそうそうない。生産数も少なく価格もかなり高額なプライシングになっているがいつか手にしたい時計である。 参考価格:3,186,000円 画像:Hモーザー公式サイトより

2、フランソワ ポール・ジュルヌ

クロノメーター・スヴラン フランソワ ポール・ジュルヌ 天才時計技師フランソワ・ポール・ジュルヌによって1999年にスイスで創立された時計ブランドである。独創的なムーブメントの設計とその機能は、芸術品である。他の時計メーカーでは絶対に味わえない匠の技を魅せてくれる。また2004年頃からムーブメントは全て18金のローズゴールドで製作している。 参考価格:4,381,000円 画像:フランソワ ポール・ジュルヌ公式サイトより

3、チャペック

プラス・ヴァンドーム チャペック フランソワ・チャペックは1839年にアントワーヌ・パテックとパテック・チャペック社(現在のパテックフィリップ社)を創設。その後、パテック社を離れ1845年にスイス ジュネーブに設立された時計メーカーがチャペック。ところが1869年頃にはチャペック社は時計業界から姿を消したそうだ。そして2015年頃世界中の時計愛好家によって、チャペック社は復興した。そして現在もチャペックの時計作りに関する精神を忠実に再現している。 世界15本限定 画像:プラス・ヴァンドーム公式サイトより

4、パルミジャーニ・フルリエ

トンダ1950 パルミジャーニ・フルリエ 天才時計師ミシェル・パルミジャーニが創業したスイスの高級時計ブランドである。ミシェル・パルミジャーニは、帝政ロシア・ロマノフ王朝の秘宝として名高いオートマタ「イースターエッグ」や、不可能と言われていたブレゲの伝説的時計「シンパティック・クロック」の修復を実現、その他数々の歴史的銘品を甦らせて、その名を瞬く間に馳せた。1996年、そうした歴史的、かつ芸術的に価値ある時計の修復への賞賛に後押しされて、自らの時計コレクションを有する「パルミジャーニ・フルリエ」を設立。以後、修復で培った膨大な知識と技術を糧に自社ムーブメントを次々と開発し、毎年発表する新作時計はいずれも高く評価されている。 文:高島屋ウォッチメゾンより・画像:パルミジャーニ・フルリエ公式サイトより

前に戻る