(時計ブランド別)オーバーホール高額ランキング!

39 Views

オーバーホール高額ランキング10

機械式時計は3~5年に分解清掃(オーバーホール)を必要とします。名門時計ブランドとして知名度が高くなるにつれて購入費用もかなり高額ですが、維持し続ける事で更に費用が掛かるので購入前の参考材料にしてください。 1位 リシャール・ミル 約35万円 ~ 2位 F.P.ジュルヌ 約30万円 ~ 3位 ローマン・ゴティエ 約19万円~ 4位 パテック フィリップ 約18万円~ 5位 パルミジャーニ・フルリエ 約16万円~ 6位 H.モーザー 約15万円~ 7位 オーデマ ピゲ 約14万円~ 8位 ブレゲ 約14万円~ 9位 A.ランゲ&ゾーネ 約13.5万円~ 10位 ヴァシュロン・コンスタンタン 約13.5万円~ 有名な高級時計ブランドであるロレックスはランク外でした。名門時計ブランドの最高級と称されるものにつれてオーバーホール料金もとんでもなく高額になる傾向にあります。つまり時計の購入代金と維持費は比例するわけですが、長年使用する機械式時計だからこそ維持費は安価に抑えたいものです。ロレックスの購入金額は高額ですが、10万円以下でオーバーホールができる時計が多いので維持がしやすいと思います。そのような観点からもロレックスの人気の高さたる所以を伺うことができます。 調査の概要 ・各時計メーカーの公式サイトやその他参考サイトの料金表を参照しました。 ・クロノグラフ、アニュアルカレンダー、パーペチュアルカレンダー、トゥールビヨンなどの複雑機構時計のオーバーホール料金は別格の料金の為、自動巻き時計の最低限のオーバーホール料金とみなして比較。 ・上記の表は交換推奨パーツを一律50,000円としてオーバーホール基本料金に上乗せしました。当然にメーカーによって交換パーツは異なりますので上記の限りではありません。 ・アンティーク時計や極端に流通の少ないメーカーは除外しています。

一覧を見る

ページのトップへ