ロレックス エクスプローラーⅠ 14270(シングルバックル・トリチウム)のが買取価格が高騰しています。

627 Views
ここ最近、エクスプローラーⅠ 14270(シングルバックル・トリチウム)の価格ががグングン上昇しているので今、目が離せないモデルです。 シングルトリチ

エクスプローラーⅠの中でもRef.14270に注目が集まっている!

Ref.14270とは、1990年〜2001年頃まで販売されていたモデルで、俳優の木村拓哉さんがドラマで着用した事で有名になりました。その後2001年の途中からRef.114270へとモデルチェンジをし、そのRef.114270も2010年に生産が終了しました。現在ではRef.214270(2010年〜現在)となっておりますので、Ref.14270は2世代前のモデルという事になります。 特に値上がりしている1990年〜1994年頃のRef.14270 この年代の一番の大きな特徴は、ブレスレットの留め具が「シングルロック」になっています。 ロレックスのバックルの違い

トリチウムの焼けが美しいと高評価

トリチウムの焼け方 この年代の蛍光塗料は、トリチウムになります。インデックスに盛られた微量の放射性物質によって自発光し、半減期は約12.3年となっておりますので、現在ではもう自発光する事はありませんが、オレンジ色に日焼けし経年によるヴィンテージの雰囲気を纏うのです。その焼け方が美しいものは人気が高く、買取も高値が付きやすいのです。同じような感覚としては、リーバイスの「501XX」などのヴィンテージデニムの色落ちが美しいものは物凄い高値がついているような、そんな感覚に近いのだと思います。 シリアル番号の頭は「E」「X」「N」「C」「S」「W」あたりのモデルが該当 ロレックスのシリアル刻印箇所 2010年まではロレックスはシリアル番号という個体識別の為の番号で、概ねの製造年代を探ることができました。 R番(1988)L番(1989)E番(1990)X番(1991)N番(1991-2)C番(1992)S番(1993-4)W番(1994-5)T番(1995-6)と、このような目安になっておりましたのでRef.14270の高騰している1990〜1994年に当てはめると、E番・X番・N番・C番・S番・W番(シングルバックルであること)あたりのシリアル番号の時計になります。余談ですが、私自身C番はデイトジャスト以外では見たことがありませんので、14270にC番が存在するのかは不明です。

買取相場が上がり続けている

エクスプローラーの値動き 今年に入って早10ヶ月。最大で15万円も買取相場が値上がりしてしまいました。特に冒頭から申し上げているシングルバックルの希少性が高まっており、「買いたい人が多いから」→「高く買取しても売り切れる」というループになっております。 1990〜1994年頃製造のシングルロックタイプで最大約15万円ほどUP! 1995〜2001年頃製造のダブルロックタイプで最大約5万円ほどUP! ただエクスプローラーⅠの限界も見極めなければなりません。これ以上高くなると買取金額が60万円、70万円となってきますが、販売する立場に置き換えると90万円〜の販売価格を付けなければなりません。果たして、そこまでの金額になると買い手が付くのかという心配も出てきますので、今の相場が崩れる可能性にも注意が必要です。

前に戻る